法事 弁当

子供におすすめの法事用お弁当とは

核家族化の風潮が広まるにつれて、家族や親戚が全国各地に散らばりそれぞれの地域でマイホームを構えるケースは多く見られるようになりました。こうした場合でも法事がある際には故郷に一堂に集まり、亡くなった人の有り様を偲ぶものです。その際には子供連れで訪れることも珍しくはないため、会食をするに当たっての弁当選びにも気をつかいます。一般的な仕出しを依頼しても必ずしも子供たちの興味関心を引くことはないため、場合によっては特別なメニューのものを別仕立てで用意するか、または大人から子供まですべての世代に共通した無難な内容のメニューを選択することになります。せっかく家族や親族が集まる機会のため、子供たちを含めて、誰もが喜んで食事を楽しむことができる場にすることは大切です。

世代を問わず喜ばれるメニューを選ぶ

結婚式や入学祝いなどの慶事とは違い、法事のときに提供される弁当は地味なメニューになることが多く、もともとは肉類や魚類を避けた精進料理が中心でした。現在では精進料理かどうかにはこだわらないケースが大多数にはなっているものの、昔の習慣がある程度メニューの選択の中に残っている面があります。そのため煮物や焼き魚が中心になりやすい傾向がありますが、子供が参席する場合はあまり歓迎されない内容なのは確かです。この場合は高齢者にも配慮しつつ子供の満足も得られるようにするため、柔らかいささみなどの肉やハンバーグなどが含まれるメニューを選択するのも効果的です。ほかには野菜類もできるだけ季節に即した見栄えの色合いも豊かな内容のものにすると、子供たちにも飽きられずに済みます。

子供だけは別メニューにする手段もある

大人と子供の食事に対する嗜好はまったく異なることから、法事の際のお弁当選びの際にも無理に大人と子供のメニューを両方とも合わせる必要はありません。むしろ子供たちについては専用メニューで別に用意する方法もあります。この場合はオードブル形式などの多彩なメニューを子供たち自ら選択できるようにしておくのも効果があります。余った分は小分けにして大人たちで食べてもよいため、案外無駄がありません。場合によっては自宅に持ち帰ることが可能なプラスチックのパックを用意して提供してもよいでしょう。法事の会食の場合は弁当とはいっても、本体のほかに吸い物やアルコール類などが付いてくることがあります。子供の存在を前提にすれば、ジュースなども別に注文して用意しておくのが妥当です。