法事 弁当

法事で喜ばれるお弁当とはどのようなものか詳しく説明します

親しい人が亡くなれば日を経ずに葬儀を執り行うのが一般的ですが、それで亡くなった人との関係が断ち切られたわけではありません。わが国では四十九日や一周忌などの機会を設けて家族やその他の親族が集まり、亡くなった人のことを偲ぶ行事が古くから行われています。この場合は菩提寺の僧侶を呼んで読経をしてもらった後で参列者が集まり会食をするのが風習として確立しています。このような法事に合わせて弁当を提供する場合には、せっかく遠方から集まった人たちのために、精一杯のおもてなしとしての充実した内容にすることが大切です。古くは精進料理を提供することがありましたが、現在ではそれにこだわらない内容のほうが一般的で、選択肢としてはさまざまなメニューが考えられます。

季節の食材を添えて相手に提供する

近親者が亡くなった後で何度も訪れる法事にあたっては、参列した人にも喜ばれるメニューでの食事を提供することが大切です。僧侶も出席するなどの事情で精進料理にこだわる場合には、季節の旬を迎えた野菜を中心とした天ぷらや煮物などを提供すると配色も良く上品に見えます。精進料理にする必要がない場合は、寿司や魚の焼き物、刺し身などを提供してさらに豪華なメニューの会席料理をセッティングするのが適切です。料亭などの広い和室を貸し切って料理を提供するほかにも、寺院や葬祭ホールの内部に仕出し弁当などを届けてもらう場合があります。この場合はメニューとしては同様でも持ち運びを前提として必然的にコンパクトに仕上げているため、見た目を損なわずに盛り付けられているものを選ぶとよいでしょう。

持ち帰りの場合は冷めても美味しいものを

通常は法事の後には全員が一堂に会して食事をするのが原則となりますが、時間がないなどの理由で会食ができない場合もあります。特に僧侶は何軒も檀家を回らなければならず一か所に留まって会食をすることが難しい場合が多く、こうした場合への配慮も当然必要です。そこであらかじめ用意しておいた弁当を帰り際に渡すことになりますが、一般的な会食とは違って時間がある程度経過してから実際に食べることになるため、いくつかの工夫が求められます。脂身のある肉類や油を多用した料理は冷めた後で固まったりべとついたりしやすいため、メインとなるメニューからは除外するのが適当です。ご飯や惣菜も冷えて食欲がなくなることも考えられるため、香味の強い食材を混ぜるなど、冷めても食欲をそそるメニューになっていれば喜ばれます。