法事 弁当

法事用のお弁当を注文する仕出し屋さんの選び方

日常的にそれほどの機会があるとは言えないものの、大人数が集まって会食をする場合には、その場にふさわしい料理をあらかじめ準備して提供することが不可欠です。亡くなった人のことを折に触れて偲ぶ機会となる法事の場合も同様で、遠方からでも家族や親族が一つの場所に集まって会食をするのが昔からのしきたりになっています。この場合は適当な広いスペースを確保するとともに、近隣から仕出し弁当などの配達を依頼することになりますが、実際に取り扱っている店舗はいくつもあるために迷ってしまいがちです。最近ではさまざまな媒体を通じて情報が得られるようになっているため、インターネットなども活用しながら情報収集をしておくと準備をする上で役立ちます。それとともに料理に求める条件などを決めてから候補を絞り込むのも有効です。

まずは情報収集に努めるのが先決

ひとくちに法事のためにふさわしい仕出し弁当とはいっても、通常は住んでいる場所の近隣にもさまざまな店舗があって決め手に欠けるはずです。こうした場合は最初から一か所に決めるのではなく、複数の店舗からの情報を収集して比較検討するところからスタートするのが適当です。一般的な情報源としてはチラシや職業別の電話帳などがありますが、これらが手元になければインターネットを活用するのがもっとも便利です。インターネット上にあるそれぞれの店舗の公式ホームページでは、写真とともに対応可能なメニューやプランが掲示されていることも多く、比較をする上ではかなり役立ちます。ほかにも一括検索や見積もりができる専用のサイトなども登場しているため、上手に活用すれば最適な結果が得られます。

求める条件をピックアップしておく

店舗の絞り込みをするためには条件を決めておく必要があります。法事のための仕出し弁当には1000円程度から5000円程度までの幅があり、一般的な弁当店のほかにも高級料亭が手がけている場合があります。これらは金額に応じて食材の種類やボリュームが決まるため、いくら程度の予算を掛けることができるのかを条件に掲げることは重要です。当日に集まるメンバーも高齢者が多かったり子供が多かったりと、個別のケースによって食べ物の嗜好が異なることも条件として考慮することが必要です。子供が多い場合は煮物などの家庭の味よりも肉料理やサラダなどの華やかな内容のほうが喜ばれます。一方で高齢者が多ければ体にやさしい薄味や柔らかい食べ物のほうが好まれます。これらを候補の店舗の料理の特徴を踏まえて対応します。