法事 弁当

法事用のお弁当を選ぶ際の注意点

初七日や四十九日などの法事の後に、僧侶や参列者に食事を振舞う料理のことを「お斎」と言い、来て頂いたお礼の意味も兼ねて、故人を偲びながら皆で一緒に食事をします。以前は、遺族がお斎を作り、故人の自宅で行われる事が多かったのですが、最近では、お寺の近くの料亭で食事をしたり、仕出し弁当を注文し自宅で食事の席を設けるケースも増えてきています。時間などの都合でお斎を行わない場合でも、引き出物やお酒の小瓶と一緒に折り詰め弁当を渡し、持って帰ってもらうようにするのが一般的だとされています。準備する際は、料理がどのような物でも良い訳ではなく、気をつけなければならない点も幾つかあります。その点に気をつけながら、食べて頂く料理を用意する必要があります。

法事におすすめの弁当の選び方とは

法事の時の食事は、あまりこだわる必要もないですが、故人を偲び供養する場でもありますので、伊勢海老や鯛、鰹節など祝い事に使われる或いは、連想させるような料理は避ける事が大切です。大抵の場合、和食が多いのですが、見た目も重要で、あまり華やかにならないようにします。故人が生前好きだった料理を入れて貰う事もあるようです。使われている容器の色も注文時に選べるのであれば、黒や白など派手ではない色を選択し、明るい色が使われる事がないように確認しておきます。また、参列者の中には小さいお子さんから高齢の大人まで幅広い年齢層が集まる可能性もあります。和食の場合、小さいお子さんにとっては苦手な子も多い場合もありますので、子供用は別メニューで準備しておく事が多いようです。

法事におすすめの弁当をどのように選べば良いか

業者によっては既に専用のメニューとして用意されていることがあります。どのように選べば良いか迷った場合は、メニューの中から選ぶという選択肢もあります。また、1人当たりの予算で決める事も出来ます。大切なのは、食事を予定している時間までに自宅に届くことが大切です。予定時間に間に合わなければ、参列者の方々を待たせる事になり迷惑をかけてしまいますので、あまり離れていない自宅周辺の業者に注文を頼む方が良いです。持ち帰って頂く場合は、参列者によっては帰宅時間も異なりますので、なるべく傷みにくいメニューが入ったものを選ぶことも重要です。特に暑い夏場の場合、帰路についた時には料理が傷んでいたと言う事がないように気をつけなければいけません。参列者への感謝の気持ちを忘れずに選ぶことが大切です。